賃貸物件を借りる時のポイント その9

2019年3月12日

賃貸物件を借りる時のポイント その9




おはようございます!

今日の大和市は一日暖かく、最高気温は17℃だそうですね!今週は暖かかったり寒かったりするようなので、睡眠をよくとって体調管理したいと思います!




さて、前回から少し時間が経ってしまいましたが

今回は引っ越し前にやること!ということで、

引っ越しの前にする準備やポイントをご紹介します!




①まず、引っ越しをするときに必要なのが「部屋の寸法」です!

部屋の縦横の長さはもちろんですが、

カーテンや家具を置くときに必要な「高さ」もしっかり確認してください!

契約の後、鍵をもらう前でも「部屋の寸法を測りたい」と言っていただければ鍵をお渡しして測っていただくことがおそらく可能です!

間取り図を拡大コピーしてから測ると書き込めるので便利です!




②最近は少なくなってきましたが、ガスコンロを自分で購入して設置する場合は、「都市ガス用」と「プロパンガス用」がありますので、必ずご確認下さい!!電気屋さんに行ってからどっちだっけ?となることも多いようです。。。最悪の場合、管理会社に連絡すれば都市ガスか、プロパンガスかはわかりますが、大きさはわからないのでこれも調べておくのが良いです!




③カーテンは測り方に注意です!

というのも、一般的な1800×1800前後の大きさの窓であれば市販のもので大丈夫だと思いますが、少し大きい窓や、背が高い窓などのカーテンは要注意です!

高さは「カーテンレールから床まで」ですが、少し大きめに買ってしまうとカーテンを引きずってしまい、ほこりがたまったり、湿気を吸ってカビを発生させてしまいます。できれば2cmは床から離して設置するといいと思います!




④冷蔵庫の扉の向きとコンセントの位置

これも当たり前の話ですが、冷蔵庫の扉は右開きと左開きのどちらかです!間取りを考えて、どちらが使いやすいのか確認してから購入するのが良いと思います!コンセントもどこにあるか、他の家電とコンセントの取り合いにならないような工夫も必要です。




⑤洗濯機の排水口の位置と高さ

洗濯機の機種によってですが、「洗濯機の排水口の位置」が右なのか左なのか様々です。また、「設置場所の排水口」も右側なのか、左側なのかを確認しないとホースの長さが足りないや、ホースを無理矢理つなげると漏水の恐れがありますので、要注意です!

また、最近は防水パンがなく洗濯機を直に床におくケースもありますが、その時ホースの向きと排水口の向きがぴったり合わないと床と洗濯機の間にホースを通す空間が必要になります。その時は、洗濯機の四足の下に「下駄」をはかせて空間を作る必要がありますので、注意しましょう。

「下駄」は色々なものがありますが、プラスチック製の10cm四方のものが一般的に販売してありますので確認下さい。私は昔、「下駄」を買い忘れて週刊誌を積んで「下駄」にしたことがあります。。。でもこれは危ないのでしっかりしたものが良いと思います。




⑥引越しする前に必ずしていただきたいのが、「室内確認」です。

引っ越す前にもともとあった「傷、汚れ、壊れているもの」を必ず写真やメモを取ってください。

新築でない限り、多少の汚れや傷はついているのでよく見ないとわからないものは除いて、少し目立つ傷や、扉が開きずらいなどがあれば必ずメモや管理会社に連絡してください。

最近は「入室前確認表」などの名目で申告する用の紙をもらえます。そこに記入して1週間以内に管理会社に送れば大丈夫です!

これをしないと、自分が傷をつけたり壊したらしたことになってしまうので、もしかしたら補修費用を取られる場合がありますので注意してください!







上記は大まかな注意点ですが、意外と忘れがちなポイントになりますので、気にしていただければと思います!

その他何かご質問やご不明点があればお気軽にお問い合わせ下さい!


山口不動産の紹介